読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

結婚 女性について

http://websae.net/concept_diagram_20130327/

 

--------サイトのコンセプト

◆サイトを制作する理由
ポートフォリオアフィリエイトでの収入
◆どんな人に向けてつくるのか?どんな人に来てほしいのか?
30代女性
◆どんな情報を掲載するのか
独身女性に向けたおすすめの結婚方法

◆どうやってこの目的を達成するか
「結婚できない女」というKWを設定し、結婚できない女で検索する女性に向けてオススメの結婚方法を提示する。「結婚できなくて不安」になっているKWなのでコンバージョンが結婚相談所などであればKWは顕在層なので、コンテンツを読ませればCVしやすくなる。


--------サイトのコンセプト②
5W1Hを絞り込んでサイトのコンセプトにする
◆What
サイトで何を提供(販売)するか考えましょう。サイトで扱う商品やサービスのことですね。それを欲しがるお客さんをイメージして、あまりにも客層が異なる商品は思い切って削ってしまう勇気が必要です。
●結婚相談所の資料請求、婚活関連のアイテム

 

◆When(いつ)
ユーザがいつサイトを利用しているのかを把握しておくことも重要です。
季節性やトレンドなどはもちろん、何時くらいに利用することが多いのかに関しても把握しておきましょう。
朝の通勤時間の利用が多いのか、お昼休みが多いのか、夜の帰宅した後の時間が多いのか。そして、休日と平日のどちらが利用されているのか。それらを分析することで、ユーザの利用シーンを想定することができます。
●19時~23時
(グーグルトレンドにてキーワードを検索し、時間を確認
お昼が多かったが実際コンバージョンへはすきま時間だと難しいので夜など家にいて考える時間がある状態を考慮し夜の時間帯に設定)

 

◆Who:誰がwebサイトを利用するのか?
いったいどんな人たちが、サイトを利用するのか?
きちんとターゲットを見据え、最適なコンテンツを提供する必要があります。
まずは仮説からペルソナを設計していくことが重要となります。
検索キーワードをもとに、仮説を立ててみるのがいいでしょう。キーワードによっては、性別などの情報をある程度推測し、絞り込んでいくことも可能です。
また、実際のユーザを何人か集め、ヒアリングやユーザビリティテストをおこなうことで、目に見える形で課題や問題点を洗い出していく方法も大変有効です。
●ペルソナ
女性 32歳
年収 240万
学歴 高卒
顔  ふつう
服装 OL的な服装


◆Why:なぜ自社のWebサイトを利用するのか?
なぜお客さんがあなたのサイトを選ぶのか?他社と比較して負けない自社の強みを考えてみましょう。
そもそも、競合他社のサイトではなく、なぜ自社のサイトを訪問してくれているのか。競合優位性なども踏まえて知っておくことが必要です。
●競合と比べて何に対して優位性があるのか
「結婚できない」人に向けたコンテンツだけなので「結婚できない」ユーザーにとっては求めているサイト。結婚できない人の特徴から、その解決方法まで提示することで「結婚できない」という状況からの改善策を与えてあげる。

◆Where:どこでWebサイトを利用するのか?
キーワードの「結婚できない」だとお昼の仕事休みの時間帯が多い傾向にあるが、コンバージョンまで見込むと夜に検索しているユーザーに的を絞る。パソコンで思いっきり調べものをしている人よいうよりはベッドの上やソファーなどで、恋人もおらず今後結婚できるのか心配になってるユーザーがちょっとしたときに調べてる傾向である。


6. How:どのような環境でWebサイトを利用するのか?
ごはんを食べた後の夜の時間帯でスマホで検索するユーザー

 

 

結婚できない女性にむけたサイトですのでよかったら見てください